FC2ブログ
 

ONCC 5期生 歴史のロマンと謎に迫る科(古代) 高槻教室

見学会③ JI生命誌館

見学会③ 11月27日JT生命誌研究館
JT生命誌研究館とは生きものの歴史物語(生命誌)を読み解き描き出す館です。
参加者は11名と少なかったのですが、約38億年前地球上に生命体となる細胞が生まれ、それがどのように多様に進化したかを考える展示を見学しました。
玄関を入ったところに生命誌マンダラがありました。

  生命①
一見刺繍のように見えますが、織物で作成したとのこと。
この絵巻では38億年前生命が誕生してから多様な生物が生まれ、現在のような豊かな生物界になった生物の歴史物語を表現しているそうです。

生命②生命③

生命誌の階段を登ります。38億年前から現代に至るまでの生物の歴史を辿ることが出来ます。
 生命④

階段を登り詰めると屋上の食草園出ます。
ここは”チョウ”のレストランで、”チョウチョウ”が集まりやすい植物を育てています。
”チョウ”の種類によって食べる食草が違うとのことです。
中央に1匹の”チョウ”が来ています。

 生命⑤-1

時期的に現物はありませんが、DNAに関係してイチジクとイチジクコバチの密接な共存関係が研究されています。
 生命⑤-2
しばし人間もここで一休みです。
生命⑥生命⑦

一階に生きている実物の肺魚の展示がありました。
今から1億8000年前脊椎動物が陸地へ進出、その時「肺魚」は陸地を選ばす、水中に留まりました。
その結果、陸上進出に向けての変化の過程をとどめる貴重な存在となったそうです。

 生命⑧-1

この肺魚は両生類で肺呼吸をするが、定期的に空気を吸わなくてもいいようです。
 生命⑧-2

この肺魚は30分に1回くらい空気を吸いに上がってくるようです。たまたま見学中に上に上がってきました。
ラッキー!!

 生命⑨

1階には展示「ゲノム(DNA)が語る生命誌」があり、38億年前に誕生した生命から、現在の複雑な生命系が出来上がるまでの歴史物語が展示されています。
 生命⑩

今回を持ちまして、ブログの作成を終わります。ご拝読ありがとうございました。
記事を書いていただいた係の方、ありがとうございました。

スポンサーサイト

PageTop

校外学習、湖東二山

校外学習②
 湖東三山の中の二山を巡る 11月20日

高槻 松坂屋横から朝9時に出発。
お天気も良く楽しい一日になりそうと期待でいっぱいです。
まずは、東近江市の百済寺へ向かいます。重厚な石垣に覆われた『山城』の趣が漂う天台宗の寺院。
聖徳太子の御願により百済人のために創建された古刹です。

  湖東①
戦国時代には織田信長により焼き討ちされました。現在の本堂や仁王門は江戸時代になってから再建されたものです。
喜見院の庭園は池泉廻遊観賞式で松の緑と紅葉のコントラストがきれいです。石垣の上の紅葉も鮮やかでした。

  湖東②

湖東③  湖東④
庭の高台から湖西の眺望がすてきです。
湖東⑤  湖東⑥
長い参道を歩くと仁王門と大草鞋が見えてきます。仁王門を過ぎると本堂に到着。
山門から本堂までの参道をポルトガル人宣教師ルイスフロイスが「地上の天国一千坊」と絶賛した場所です。
  湖東⑦
老杉が林立し、苔むした石垣など、ゆったりと下り坂を歩き、紅葉を楽しみました。
湖東⑧  湖東⑨

次に訪れたのは西明寺。百済寺とともに「湖東三山」一つに数えられます。
  湖東⑩
紅葉が映えてとってもきれいです。
湖東⑪  湖東⑫
  湖東⑬

「不断桜」は冬桜の一種で9月から5月頃にかけて咲き、紅葉が色づきはじめた頃が満開という珍しい桜。
淡いピンク色でかわいい花を咲かせていました。
  湖東⑭

本堂は鎌倉時代初期に建立され、釘を一本も使わない純和風建築で三重塔とともに国宝に指定されています。
湖東⑮  湖東⑯
西明寺の拝観を終え少し遅い目の昼食。皆様もビールでのどをうるおし、おしゃべりしながら美味しくいただきました。
  湖東⑰
  湖東⑱
帰路 道の駅でお買い物、一路高槻へと戻りました。
お天気も良くゆっくりと拝観できて、紅葉を堪能し、楽しい一日でした。

PageTop

ふれあい交流祭

     ふれあい交流祭開催 
皆さんがんばりました!!
 

10月31日
吹田メイシアターにて2018年度のふれあい交流祭が開催されました。
各教室頑張った作品が公開されました。
一番大変なのは準備でしたね!。高槻教室も数週間かけて準備に力を注ぎました。

              1班の皆さんです。  交流祭③
                
              2班の皆さんです。  交流祭④
                
              3班の皆さんです。  交流祭⑤

        出来上がった作品を会場で掲示  交流祭⑥

     開会式が終わり、参加者の見学が始まりました  交流祭⑦

1班の作品です。「平安時代400年を代表する人たち」  交流祭⑧
  交流祭⑨

2班の作品です。「桓武天皇の3人の皇子たち」  交流祭⑩
  交流祭⑪

3班の作品です。「弘法大師の足跡」  交流祭⑫
  交流祭⑬

どの班の作品も素晴らしい作品でした。ONCCでのよい思い出になったと思います。
皆さんお疲れさまでした。

PageTop

平清盛ゆかりの地

現地探訪ツアー『平清盛ゆかりの地を巡る』10月30日
清盛①
現地探訪ツアーのテーマ『平清盛ゆかりの地を巡る』に則って兵庫津の清盛ゆかりの史跡を巡った。兵庫津はJR兵庫駅東側からJR和田岬駅付近にかけての一帯で、清盛が推進した日宋貿易などで大いに栄えた地域だ。
朝9時の気温16℃。天気は雲一つないとはいえないまでも暑からず寒からずで申し分ない。高槻を10人で出発し三ノ宮で他の10人と合流。地下鉄湾岸線中央市場駅から現地ボランティアガイドの案内で最初の目的地来迎寺へ向かった。地下鉄の駅を出て気づいたがぷーんと魚の臭いが漂ってくる。ほどなくその原因が分かった。目の前に市民の胃袋を賄う神戸市中央卸売市場のビルが・・・。なるほど。
清盛②

暫く歩を進めると清盛橋に差し掛かる。清盛③

橋の欄干に嵌め込まれた源平合戦屏風や平家物語絵巻のレリーフが訪れた者の目を楽しませてくれる。海が近いせいもあるのか、運河を渡ってくる風が冷たい。
清盛④
             レリーフが楽しい!!
清盛⑤

間もなく来迎寺に到着。元は築島寺といわれた。この寺には清盛の築島築造にまつわる悲しい伝説が残されている。この世で叶わぬことはないといわれるほどの権力を手中にした清盛にしても築島築造は難工事であったようだ。その果ての清盛の小姓17歳の松王丸人柱伝説がそれだ。境内には松王丸入海の碑・供養塔が祀られている。大崎さんが「私の一番好きなところです」というだけあって説明にも熱がこもる。
清盛⑥

来迎寺のすぐ近く、築島水門近くに古代大輪田泊の石椋がある。でっかい岩だ。石椋とは石を積み上げた防波堤(波消し)や突堤の基礎にしたようだ。こんな岩をいくつも海に沈めて積み上げていったんだろうな。重機のない時代半端ない重労働だ。たぶん何人もの犠牲者が出ただろうということは想像できるな。
清盛⑦

次に往時の兵庫の中心地であった南仲町の札場の辻跡へ向かう。札場とは幕府からのお達しを掲示する高札場のあった場所だ。この辺りは兵庫の中心地だったので大きな高札場があったとか。今ではそんな面影はないなぁ。
現在は案内板と道標がわずかに残っているだけだ。この前の道が西国街道だから高槻へも続いているのか。
清盛⑧
この後、金光寺で寺の縁起とありがたいお説教をいただき。能福寺へ向かう。
能福寺には日本三大大仏があるがこれには異論もあるようだ。
清盛⑨
この大仏さんをバックに集合写真を撮ることになりガイドさんにシャッターをお願いした。ところがなんということでしょう。写っていない!!2枚とも写っていない!うっそ~~ Oh my God(-_-;)。てなわけで本来ならこの階段の上に紳士淑女の麗しきお姿が並ぶはずだったのに大仏さんだけの写真になってしまった。平にご容赦を・・・

和田岬駅から元町へ移動。そろそろ腹の虫も鳴り出したので南京町中華街で昼食となった。店内はひどく混雑していた。
清盛⑪
           食前の顔は穏やか。食後豹変
リッチ組は1400円のメニュー。プアー組は1050円のメニューと別れたが、食後の評価は一応に芳しくなかった。

食後は腹ごなしで中華街から徒歩10分位のところにある神戸海洋博物館を訪れた。『海・船・港の歴史と未来を体験する博物館』を標榜している。館内には諸外国の船舶の模型や航海計器の実物なども展示。船舶フアンは一見の価値ありだ。
海洋博物館を出て解散、清盛より泡盛やという面々もいて総勢6人が三宮の居酒屋へ繰り出し、今後のONCCの益々の発展のためには何が必要か・・・などなど真面な???話で意見の交換、17時ようやくお開きとなった。

清盛⑫
             真剣な表情???

みなさんお疲れさんでした。

PageTop

見学会② 朝日新聞見学

見学会② 10月2日朝日新聞大阪本社

新築なった大阪中之島のフェスティバルタワーにある朝日新聞大阪本社を見学
まずは、記念撮影、後で号外の写真になるとは。
ドラえもん可愛いな!!
  朝日①

     ビデオ紹介ルームで配られた資料に目を通す
  朝日②

     丁寧なガイドさんの説明、分かりやすかった!!
  朝日③

明治12年に大阪江戸堀で発刊開始当時の印刷機は左のもので、1日3000部印刷したとか。
右の新聞は初刊の新聞である。
  朝日④
今まで気が付かなかったが、”朝”と”新”の字が我々が使用している字と異なっている。
  朝日⑤
現在でもこの字が使用されている。気が付かなったなあ!!

説明を聞いた後、編集室を見学、記者、デスクの働きを目の当たりにした。
最後に、最初に撮った写真を使用して、当日の”号外”作りを見学、素敵です。

  朝日⑥

約1時間半、丁寧な案内で、新聞の歴史、作成内容が見学出来たことは有意義な一時であった。

PageTop