FC2ブログ
 

武士の起こりから応仁の乱へ (中世史) ONCC 7期生 高槻教室

班別行動 11月

班別行動 11月
11月19日 3班 城南宮他
訪問先 伏見区
 ①安楽壽院・②三宝大荒神・白河天皇陵・④鳥羽天皇安楽壽院・⑤鳥羽天皇安楽壽院陵・⑥冠石・⑦白河天皇陵・⑧城南宮・⑨鳥羽離宮公園 
 安楽壽院は真言宗智山派の寺院。本尊は阿弥陀如来。 
 京都南に鳥羽離宮の東殿に鳥羽上皇が造営された。
 仏堂を起源とする皇室ゆかりの寺院である
 境内に接して鳥羽天皇と近衛天皇の陵がある。

11城南宮①  11城南宮②
              鳥羽天皇安楽壽院
 鳥羽天皇は譲位後,白河天皇が創建した鳥羽離宮に入り殿舎や仏殿を増築、その際この石の上に冠を置きこれを中心に造営をした。
11城南宮③  11城南宮④
      冠  石       近衛天皇安楽壽院南陵
 城南宮は平安遷都の際、白河天皇が鳥羽離宮を造営して離宮の一部となり鎮守社となった。
 離宮の鎮守社として代々天皇の行幸がしばしばあり平安城の南に鎮まるお宮の意味である。

11城南宮⑤ 11城南宮⑥
 北向山不動尊        白河天皇陵
11城南宮⑦/a> 11城南宮⑧  11城南宮⑨
城南宮楽水苑(秋景色)   城南宮平安の森(春景色)
 流鏑馬・競馬(くらべうま)歌会や雅やかな宴や舟遊びも行われ王朝文化の花が開いた。
11城南宮⑩ 11城南宮⑪
                流鏑馬神事
11城南宮⑫ 11城南宮⑬
                曲水の宴
 鳥羽離宮公園は南殿跡で史跡公園として管理されており、公園一角の「秋の山」は離宮築山の跡である。
11城南宮⑭  11城南宮⑮
             鳥羽離宮跡公園
(担当 3班広報 高橋)
スポンサーサイト



PageTop