FC2ブログ
 

ONCC 5期生 歴史のロマンと謎に迫る科(古代) 高槻教室

世界遺産宇治平等院

世界遺産宇治平等院に!!
5月29日 現地探訪ツアーで世界遺産宇治平等院とその周辺を訪ねて学習に
JR宇治駅で全員集合、ボランティアガイドさんの説明からスタート!駅前に形の変わったポスト、お茶を献上するための入れ物であるという。
宇治1  宇治2
宇治橋通に入ったところに1854年創業の中村藤吉本店がある。宇治茶製造の歴史をとどめ、「宇治の文化的景観」に指定されている。
  宇治3
庭には宇治市名木百選“くろまつ”(舟松)がある。
お茶を運搬する帆かけ舟の形に手入れされており、部屋のふすまにも帆かけ舟が描かれています。

宇治4  宇治5
宇治橋通を抜け宇治橋に。橋の途中に出っ張りがある。ガイドさんの説明では豊臣秀吉の時代に茶の湯に使う水を汲ませたという伝えがあるという。橋のたもとに儀式の絵がありました。
宇治6  宇治7
鳳凰堂の横を通りあじろぎの道を行くと喜撰橋に出て、近くの喜撰茶屋で中学生の修学旅行生の団体に交じって昼食、少し若がえったかな?
  宇治8
            橋のたもとで集合写真
いよいよ世界遺産平等院に!!平等院は藤原道長の別荘「宇治殿」を、藤原頼道が寺院に改めたのが平等院の始まりだそうです。
南門から入り、最勝院、鳳凰堂の裏を通り扇の芝と観音堂に。扇の芝は源頼政が平氏追討の兵を挙げたが、宇治橋で平知盛の大群に追撃され流れ矢で傷つき、扇の芝で軍扇を広げ自害したとされている。墓所は最勝院の境内にありました。
宇治10  宇治11
この世に極楽浄土を出現させようしてと造られた鳳凰堂は平成26年に修理工事が完成し、その前で集合写真
  宇治12
暫し鳳凰堂を眺め、鳳翔館で勉強した後、平等院を後にしました。
宇治13  宇治14
宇治十条のモニュメントを見たのち宇治神社に出ました。
御祭神の応神天皇の第3皇子菟道稚郎子が菟道に来るときに道に迷い、菟が後を振り返りながら先導したという伝えがあり、祭殿の入り口にみかえりの菟が飾られていました。

宇治15  宇治16
最後の訪問場所宇治上神社は明治維新までは、宇治神社と2社1体で、本殿は神社建築としては最古のもので国宝です。
境内にある桐原水宇治7名水の1つである。

  宇治17
源氏物語ミュージアム前で解散、誰も入館せず帰路に!!。
  宇治18
筆者は鳳凰堂が改修されてから4回目の訪問であるが、今回も新しいことを学びました。ガイドさんにもよりますが、1度だけでは中々覚えきれない、学びきれないものがあると感じました。曇り空の1日でしたが、暑くもなく楽しい現地探訪ツアーでした。

<おまけ>
JR宇治駅に向かって帰路の途中、「鳳凰亭」というお店を発見、まだ「鳳凰堂」について学びたいと見えて立ち寄り、最後に楽しいひと時を過ごしました。

    宇治19
 

スポンサーサイト

PageTop